dendenkinoko’s diary

ほっつき歩いたところ、たべものなどの写真を貼って参ります

空気澄み

今日は天気良くないけど空気が澄み渡ってます。

f:id:dendenkinoko:20180519093350j:plain

あべのハルカス

 

f:id:dendenkinoko:20180519093403j:plain

煙突

 

f:id:dendenkinoko:20180519093428j:plain

大阪湾

 

f:id:dendenkinoko:20180523231902j:plain

夕日が当たる

新緑(雑写真)

義父に案内され、京都美山町と品谷山へ。

新緑が綺麗でした。写真メモ。

f:id:dendenkinoko:20180428152344j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428152346j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428152335j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428152331j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428152350j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428150348j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428150418j:plain

 

f:id:dendenkinoko:20180428150412j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428150415j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428150344j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428150526j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428150524j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428150252j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428150501j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428152342j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428150519j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428152351j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428152345j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428150437j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428150431j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428153648j:plain

f:id:dendenkinoko:20180428150444j:plain

 品谷山麓に車では入れない廃村があるらしい…また行きたい。

 

金継ぎ

1年振りの更新です。
金継ぎ(※)をしたので工程の記録をば。

※割れたり欠けたりした陶磁器を、漆で補修して金粉で装飾する方法。

f:id:dendenkinoko:20180324100213j:plain金継がれるものたち。家にあった妖怪皿と、友人からの預かり物。

f:id:dendenkinoko:20180324102327j:plain
初めに、欠けや割れがある部分に生漆を塗り、その後の工程で盛る材料のくっつきを良くします。

f:id:dendenkinoko:20180324102321j:plain最初はカブレを警戒してゴム手袋をつけて作業してました…

f:id:dendenkinoko:20180324102329j:plain
一日掛けて乾燥。

ちなみに、漆の乾燥のメカニズムは、水分が抜けるだけという単純な話ではないようです。漆の主成分ウルシオールが、副成分ラッカーゼを触媒として空気中の酸素と重合反応を起こすことによるものとのこと。高温多湿ほど硬化に適した条件です。

f:id:dendenkinoko:20180324102336j:plain
割れた破片を接着する材料は、ご飯粒を潰したものと漆を混ぜたもの。

f:id:dendenkinoko:20180324102332j:plain
欠けた箇所を埋める材料は、砥石の粉(砥の粉)と漆と水を混ぜたもの。写真は砥の粉。

f:id:dendenkinoko:20180324102340j:plain
欠けた部分に盛っていきます。面倒くさくなり手袋しなくなりました…

f:id:dendenkinoko:20180324102344j:plain
漆、砥の粉、水分の量の調整が難しく、3度目でようやくうまくいきました。

f:id:dendenkinoko:20180324102354j:plain割れもこの通り。

f:id:dendenkinoko:20180324102404j:plain
一週間乾燥させ、補修が不十分な箇所は追加で盛り→乾燥を繰り返します。凹みが十分補修出来たら、やすりがけして形を整えます。
そして形が整ったら再び漆を薄く塗り、その上から金粉を蒔きます。

f:id:dendenkinoko:20180324102401j:plain
こんな感じ。

f:id:dendenkinoko:20180324102402j:plain
妖怪皿もこの通り。

f:id:dendenkinoko:20180324102403j:plain
更に乾燥させて出来上がり。仕上げはまだまだ改善の余地ありです。


自分は漆負けしない体質だと思い込んでいたのですが、作業が終わった1週間後から全身地獄のような痒みに襲われだしました。3週間経過した今も新たなカブレが発生し続けています。何度か漆作業を繰り返すと抗体できるみたい。

f:id:dendenkinoko:20180324103141j:plain 
前のページ